経営方針

人・自然・地域とのふれあい・きずなを大切にします

調和のとれた都市農業を次の世代へつなぎます。

行動指針

人とのふれあい・きずな

常にやさしい心で人に接します。

自然とのふれあい・きずな

自然の恵みに感謝し、地域農業を育てます。

地域とのふれあい・きずな

さまざまな活動を通じ、地域との交流を深めます。

JA茨木市は、「人」「自然」「地域」とのふれあい・きずなを大切にするという経営理念のもと、さまざまな事業活動を通じて健全経営を維持しながら、信頼される地域金融機関としてみなさまのお役に立つことが使命と考えております。


茨木市農業協同組合 行動計画



 職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間 令和 2年 4月 1日 〜 令和 7年 3月31日までの5年間


2.内容

 目標1:育児休業後に職員が復帰しやすくするため、休業中の職員に資料送付等による情報提供を行う制度を導入する。

<対策>

  • できるだけ早い時期から、育児休業中の職員に資料送付等の情報提供を実施


 目標2:業務と生活の調和をはかり職員の心身の健康維持やモチベーションの向上、また、業務の効率化を図るため、所定外労働を減らし、週1回のノー残業デーを形骸化させないようにする。

<対策>

  • 朝礼時等での職員への周知活動
  • 組合内での予定表等を利用し、ノー残業デーの意識づけを行う活動


健康宣言



 JA茨木市は、令和3年10月に「健康宣言」を行ないました。
「健康宣言」とは、役職員の健康目標を定め、宣言することで、健康づくりを促進することを目的とします。ひとりひとりが心身ともに健康で、いきいきと活動できる職場づくりを目指します。

健康宣言

健康宣言の証