ベランダでできるキッチンガーデン

チンゲンサイ(アブラナ科アブラナ属)

土壌医 藤巻久志/JA広報通信より


 チンゲンサイやタアサイなどの中国野菜がスーパーに並ぶようになったのは、日中国交正常化前年の1971年の広州交易会に参加した種苗会社が種を日本に持ち帰ったからです。
 チンゲンサイやタアサイの種は、すでに遣隋使や遣唐使の時代に日本に持ち込まれていたはずです。それらが根付かなかったのは、アブラナ属の野菜だからです。ほとんどのアブラナ属は他家受粉で、周りに菜の花が咲く畑では、他のアブラナ属と容易に交雑し、品種独自の形質を維持できません。今は採種技術の向上により、安定した品質の種が供給されるようになっています。
 チンゲンサイは、1970年代は青軸パクチョイや青茎パクチョイとも呼ばれていました。1983年に農林水産省が流通の混乱を防ぐためにチンゲンサイに名称統一しました。漢字では青梗菜と書き、梗は芯の堅い茎を意味します。
 チンゲンサイは生育期間が短く、暑さ、寒さに強い野菜です。4月から10月まで種まきできます。春まきや夏まきはアオムシやヨトウムシなどに食害されやすいので、被害の少ない秋まきの方が栽培は楽です。
 日当たりと風通しの良いベランダならプランターで栽培できます。深さ10cm以上のプランターに市販の培養土を入れ、条間10cmの筋まき、または10cm×5cmの点まきをします。順次間引き、本葉3~4枚で1本立ちにします。農薬を使用しないキッチンガーデンでは、間引きした物も間引き菜としてみそ汁の具などに利用できます。
 土が乾燥すると肥料の効きが悪くなり、生育も鈍化します。水やりは朝やって、夕に土の表面が乾く程度にします。追肥は1週間置きに1000倍の液肥を施します。
 秋まきでは40~60日で収穫できます。草丈15cmが目安です。チンゲンサイは中国野菜ですが、おひたし、グラタン、油炒めなど和洋中に利用できます。


ラッキョウ(ヒガンバナ科ネギ属)

土壌医 藤巻久志/JA広報通信より


 ラッキョウはユリ科やネギ科に分類されてきましたが、DNAが決める新分類ではヒガンバナ科になりました。ヒガンバナ科野菜にはタマネギ、ニラ、ニンニク、ワケギなどもあります。
 日本ではラッキョウの若取りが「エシャロット」や「エシャレット」の名で売られていました。本来の「エシャロット」はフランス料理やイタリア料理に欠かせない小球のタマネギです。混同されやすいので流通関係では、ラッキョウの若取りを「エシャレット」、小球のタマネギを「ベルギー・エシャロット」と呼ぶようになりました。
 ラッキョウは酢漬けや塩漬けなどの漬物にするのが一般的ですが、「エシャレット」は主にそのまま生食されています。新鮮な「エシャレット」にかつお節をまぶし、しょうゆを掛けて食べると、お酒やご飯が進みます。みそを付けて食べても美味です。
 ラッキョウは、ニンニクやワケギと同じように種球から育てます。一つの種球が10個ぐらいに分球します。
 ラッキョウは、日当たりと風通しの良いベランダなら、プランターでも簡単に栽培できます。
 深さ15cm以上のプランターを用意し、市販の培養土を入れます。8月下旬~9月上旬に株間10cm、深さ5cmに種球を立てて植え付け、たっぷり水やりします。その後は土が乾いたら水やりをします。追肥は球が太り始める2月ごろから、1000倍の液肥を1週間置きに施します。球を白く柔らかくするために数回土寄せをします。
 11月ごろに紫色のかわいい花を咲かせます。そのままにしても大きな影響はありませんが、球をより大きくするためには摘み取った方が良いでしょう。
 「エシャレット」としては3月下旬から収穫できます。漬物用のラッキョウとしては6月下旬~7月上旬に葉が枯れてきたら、株ごと収穫し、葉を切り落とします。


芽キャベツ(アブラナ科アブラナ属)

土壌医 藤巻久志/JA広報通信より


 芽キャベツの和名は子持ち甘藍(かんらん)です。子持ちにちなんで、結婚披露宴の料理にも利用されてきました。しかし、スーパーでパック詰めの芽キャベツを買ったことがある人でも、芽キャベツの栽培を見たことはあまりないことでしょう。
 芽キャベツは温暖地で7月に種まきして、12月から翌年の2月まで収穫します。40~60cmに直立した茎から出る葉のそれぞれの付け根に、直径2~3cmの小結球(芽球)を約50~100個付けます。
 芽キャベツは、日当たりの良いベランダであれば鉢で栽培できます。
 4号(12cm)のポリポットに4~5粒ずつ種まきして育苗します。発芽後は順次間引いて1本立ちにし、本葉4~5枚の苗にします。近年はホームセンターで芽キャベツの苗を購入することもできます。
 芽キャベツは株が大きくなるので、10号(30cm)以上の鉢を準備します。鉢に市販の培養土を入れ、真ん中に苗を移植します。乾かないように水やりをし、1週間に1度1000倍の液肥を施します。
 草丈が伸びてきたら90cmくらいの支柱を立てて誘引し、増し土して株が倒れないようにします。
 10月になって結球が始まる前に、黄化した下葉を折り取ります。根元に近い芽球はよく締まらないので、上位部の芽球の充実を図るためにも、早めに取り除きます。
 芽球が膨らんできたら、上部の葉を10枚くらい残し、葉で芽球を圧迫させないために、葉を折り取ります。根元から折ると芽球も取れてしまうので、葉柄は残します。芽球が結球してきたら、下部から順次収穫します。芽球は、お尻に十文字に包丁を入れて、味がよく染み込むようにして、シチューやスープなどの具に利用します。単にゆでて、添え物にもなります。
 芽キャベツは年末には立派な株になります。子孫繁栄を祈って、芽キャベツの鉢をお正月の飾り物として知人に贈ると、喜ばれると思います。


スイスチャード(ヒユ科フダンソウ属)

土壌医 藤巻久志/JA広報通信より


 チャードとはフダンソウのことです。アカザ科に分類されてきましたが、DNAが決める新分類ではヒユ科になりました。ヒユ科の野菜にはホウレンソウやビート、オカヒジキなどもあります。
 野菜が主に八百屋で売られていた時代、フダンソウは夏場の葉物として重宝されてきました。生産者と消費者がコールドチェーン(低温流通)でつながった現在は、夏でもホウレンソウや小松菜がスーパーに並んでいます。ホウレンソウや小松菜がいつでも食べられるようになると、フダンソウは泥臭いと嫌われ、ほとんど栽培されなくなりました。
 ところが、20世紀末にカラフルで癖の少ないスイスチャードが日本に導入され、直売所や家庭菜園で人気になりました。葉の軸が赤、白、黄色、それらの中間色にも分かれ、とてもきれいなので、観賞用として鉢植えや花壇の縁取りなどにも利用されています。
 フダンソウは暑さにも寒さにも強いので、漢字では「不断草」と書きます。スイスチャードはベランダでも簡単に栽培できます。
 深さ15cm以上のプランターに市販の培養土を入れ、条間15cmの筋まきにします。種は皮が厚いので、一昼夜水に漬けて十分吸水させてからまくと発芽が早まります。種が隠れる程度に覆土して、軽く鎮圧します。発芽するまで乾燥しないように、たっぷり水やりをします。
 子葉が開き切った頃から、葉と葉が重なり合った場所を間引いていきます。間引いた物は、ベビーリーフとしてサラダの色添えに利用できます。追肥は、1週間に1度、1000倍の液肥を施します。最終的に株間を15cmにします。
 草丈が10cmくらいになった物から順次収穫します。取り遅れると、アクが出て筋っぽくなります。若い葉を摘み取り収穫もできます。
 ホウレンソウと同じように、おひたしやあえ物、炒め物にご利用ください。


オクラ(アオイ科フヨウ属) 

土壌医 藤巻久志/JA広報通信より


 英語のオクラの語源は、オクラを意味するアフリカ・ガーナ地域の言葉「ンクルマ」だといわれています。オクラというと山上憶良(やまのうえのおくら)を思い浮かべる人もいると思います。「銀(しろかね)も 金(くがね)も玉も 何せむに まされる宝 子に及(し)かめやも」の詠み人です。オクラには滋養強壮作用があるといわれています。
 アオイ科フヨウ属のオクラは、同科同属のハイビスカスに似た黄色の花を咲かせます。野菜の花の中でオクラの花は人気上位です。オクラは花観賞用としても秋まで長い間楽しめます。開花は早朝から始まり、午後にはしぼみます。
 日当たりの良いベランダでしたら、オクラは鉢栽培もできます。オクラはアフリカ原産で暑さには特に強いですが、寒さには弱いです。発芽適温も生育適温も25~30度なので、種まきは5月中旬以降にします。
 オクラは草丈が1m以上にもなるので、10号(30cm)以上の鉢を用意します。市販の培養土を鉢に入れ、真ん中に4~5粒種まきし、1cmほど覆土し、軽く鎮圧します。オクラの種は表皮が堅く吸水しにくいので、一昼夜水に浸してから種まきすると発芽が早まります。
 子葉が出たらはさみで切って2~3本に、本葉3~4枚で1本立ちにします。草丈が30cm以上になったら、120cmぐらいの支柱を立てて、倒伏を防止します。
 株元に腐葉土やわらを敷き、乾燥を防ぎます。過湿に気を付け、毎日適量の水やりをします。追肥は1週間に1度、1000倍の液肥を施します。
 開花後3~5日の若いさやをはさみで切って収穫します。取り遅れると、すぐにさやが堅くなってしまうので、小まめに収穫します。収穫したさやの下の葉は、順次はさみで切っていきます。
 オクラ納豆、天ぷらなど、夏の味覚をお楽しみください。




ページ上部へ