シェフ永井のおすすめ

茨城県笠間市にある「キッチン晴人(ハレジン)」オーナーシェフ                 
          永井智一(ながい・ともかず)/JA広報通信より

白身魚の揚げだし菊花あん

●材 料 (2人分)
白身魚(マダイなど) 100g(2切れ)
塩 適宜
打ち粉用片栗粉 大さじ1
蒸し栗 5粒
シメジ 1パック
ミニトマト 3個
食用菊 適宜
サラダ油 適宜
水溶き片栗粉 大さじ1

合わせだし汁
かつおだし 1カップ
薄口しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1


●作り方

(1) 白身魚の切り身に塩を振り1時間ほど置く。
(2) 鍋に合わせだし汁の材料を入れて沸かし、ばらしたシメジ、酢水(材料外)でしっかりゆでた食用菊、四つ切りにしたミニトマトを入れ、水溶き片栗粉でとろみをつける。
(3) (1)に打ち粉をし、蒸し栗は砕いておく。フライパンにサラダ油を入れ180度まで熱し、白身魚と蒸し栗を別々に揚げる。
(4) 揚げた白身魚を器に盛り、(2)を回し掛け、揚げた栗を散らし、彩りでディルなど(材料外)を添える。

スペアリブの煮込み

●材 料 (2人分)
スペアリブ 4~5本
皮付きショウガ 1片
ゴボウ 1本
下ゆでした小松菜 1束
塩 適宜

煮汁
水 900ml
しょうゆ 200ml
みりん 100ml
料理酒 100ml
砂糖 100g


●作り方

(1) スペアリブに当て塩をしてビニール袋に入れ1晩置く。
(2) 鍋に(1)を入れ水から軟らかくなるまで下ゆでする。
(3) 別の鍋に煮汁を合わせ、(2)と薄切りにした皮付きショウガ、食べやすい長さに切ったゴボウを入れ、強火で15分程度煮る。
(4) 器にスペアリブ、ゴボウ、食べやすい大きさに切った小松菜を盛り付け、煮汁を回し掛け出来上がり。
ページ上部へ